ABSOLUT.

2017 Absolut Art Award、最終候補者を発表

アブソルートは、Art WorkおよびArt Writingを対象とする「2017 Absolut Art Award」の最終候補者を発表しました。ストックホルム近代美術館のダニエル・ビルンバウム館長を委員長とする2017年審査委員会は、49名の候補アーティストおよび作家の中から、Art Work部門に6名とArt Writing部門に5名を最終候補者として選出しました。

各最終候補者は、一流の審査委員が揃う2017年審査委員会の選考に備え、商業的制限にとらわれない提出作品を制作することとなります。各部門の受賞者は、第57回を迎えるアートの国際的展覧会、ベネチア・ビエンナーレのヴェルニサージュ(招待者限定の内覧会)で2017年5月12日に発表され、続いて2017年9月にスウェーデンのストックホルムで受賞記念式典を開催します。

2017 Absolut Art Award最終候補者:

Art Work  
   Simon Denny ニュージーランド
   Anne Imhof ドイツ
   Shahryar Nashat スイス
   Cameron Rowland 米国
   Anicka Yi 米国
   Samson Young 中国
   
Art Writing  
   Huey Copeland 米国
   Johanna Fateman 米国
   Orit Gat イスラエル
   Isabelle Graw ドイツ
   Shanay Jhaveri 米国

 

Art WorkとArt Writingを対象とする「2017 Absolut Art Award」と並行し、2017年は Absolut Art Awardの新たな局面として「Emerging Artist Award」が誕生します。参加資格は、2015年1月から2017年2月の期間にアブソルートブランドとクリエイティブなコラボレーションを行った40歳未満の個人で、各地のアブソルートチームにより選考されます。Emerging Artist Awardの優勝者は、2017年審査委員会が候補者のリストから直接選考し、 Absolut Art Awardの Art Work部門賞および Art Writing部門賞の受賞者とともに、5月にベネチアで発表されます。