Absolut Kurant

アブソルート カラントの名前は、スウェーデンの特産物である、カシス(ブラックカラント)に由来します。アブソルート カラントは1992年、アブソルートの生まれ故郷スウェーデンへのトリビュート商品として生まれました。元々はスウェーデン語でカシスを意味する「ヴィンバー」を使い、Absolut Kurant Vinbärという製品名にする予定でしたが、これを英語で発音すると「ワイン・バー」に聞こえてしまうことから、カラントという名前になりました。

カシス風味の秘密は?

アブソルート カラントは自然の材料のみから造られており、他の一般的なウオッカとは違って、糖分を一切加えていません。アブソルート カラントは滑らかでまろやか、カシスのフルーティな香りとほのかな甘酸っぱさが魅力です。

アブソルート ウオッカの特徴

アブソルートのウオッカが誕生したのは、1879年。ラルス・オルソン・スミスが連続式蒸留器を用いて独自のAbsolut Rent Brännvin(アブソルート・ピュア・ウオッカ)を造ったのがその起源です。通常の3回や4回ではなく、何度となく蒸留することで、複雑な味わいを生み出しました。アブソルート カラントは、当時と同じ製法で造られています。違うのは、ほのかに香るカシスの味だけ。他のアブソルート製品と同じく、アブソルート カラントはラルス・オルソン・スミスの生まれ故郷、スウェーデンのオフスで造られています。アブソルートの生産地や製法は、アブソルート カラントの味わいと同じく、不変です。

自然の材料は自然のままに

アブソルート カラントの主原料はアブソルート ウオッカと、自然の素材でつくられたカシスフレーバーです。アブソルート ウオッカは、オフスにある深い井戸から汲み上げた不純物のない水と、やはりオフスで収穫される冬小麦から造られています。この冬小麦は、秋口に蒔かれ翌年刈り入れられる特別なもの。冬の間、スウェーデンの雪の下で過ごす時間が、強い麦を造り出すのです。

アブソルート カラントを楽しむコツ

アブソルート カラントは自然でフルーティな味わいをそのまま楽しむのはもちろん、さまざまなドリンクのベースとしても最高です。ぜひ、以下でご紹介する飲み方をお試しください。

栄養成分

栄養素
(アルコール 10g あたり)
(1 杯につき)*
カロリー (kcal)
70
78
総脂質 (g)
0
0
– 飽和脂肪酸 (g)
0
0
炭水化物 (g)
0
0
糖質 (g)
0
0
タンパク質 (g)
0
0
塩分 (g)
0
0
*1 杯につき = 35 ml